副作用には何がある? | リピトール・ジェネリックでコレステロールを下げて健康的な生活!

副作用には何がある?

たくさんの薬シートに入った薬

脂質異常症になってしまったときは、少しでも早くリピトール・ジェネリックを使用し、コレステロールを下げて脂質異常症を改善する必要があります。
身体を健康的な状態に戻すには必要不可欠ともいえるリピトール・ジェネリックですが、医薬品の一つなので副作用も存在しています。
リピトール・ジェネリックを安全に使用するためにも、一体どのような症状が副作用として出る可能性があるのか、きちんと知っておかなくてはなりません。

リピトール・ジェネリックを服用することによって感じられる可能性がある副作用は、主に胃の不快感や痒み、便秘、下痢があります。
中には横紋筋融解症という注意するべき副作用もあるので、リピトール・ジェネリックを服用するときはそのことをしっかり頭に入れておきましょう。
横紋筋融解症というのは、骨格筋の細胞が壊死することによって筋肉の成分であるミオグロビンやクレアチンキナーゼが血液中や尿中に流失してしまう病気です。
これらの成分により腎臓の尿細管がダメージを受け、急性腎不全を引き起こしてしまう可能性があるのです。
腎機能が低下していると薬の排泄が低下し、横紋筋融解症が発生する可能性が高まるので、ベザトールなどのフィブラート系医薬品との併用は避けましょう。

基本的に、用法用量を守って服用すれば、リピトール・ジェネリックは安全に使うことができます。
リピトール・ジェネリックは正しい方法で服用して、安全に症状を改善するようにしましょう。