どのような効果があるのか | リピトール・ジェネリックでコレステロールを下げて健康的な生活!

どのような効果があるのか

散らばる白いカプセル

脂質異常症と診断されたときに服用することになるリピトール・ジェネリック。
リピトール・ジェネリックは先に発売されているリピトールのジェネリック医薬品になるため、リピトールと同じ成分を含んでおり、同じ効果を発揮してくれます。
このリピトールは高くなりすぎたコレステロールを下げてくれる働きがありますが、もうちょっと具体的に知りたいと思っている人もいるのではないでしょうか。
また、そもそもリピトールという医薬品の効果をそこまで知らないから、どういった効果があるのかきちんと知っておきたいと考えている人もいるのではないでしょうか。

リピトール・ジェネリックよりも先に発売されたリピトールには、有効成分としてアトルバスタチンという成分を含んだ医薬品です。
2000年からアステラスという会社から発売されている医薬品で、コレステロールを下げる効果がある薬の中ではスタチン系という種類に分類されています。
このスタチン系という薬はHMG-CoA還元酵素阻害薬という呼び方がされる場合もあり、LDLコレステロール、つまり悪玉コレステロールを強力に下げる効果を発揮してくれます。
悪玉コレステロールは直接動脈硬化を引き起こしてしまう原因にもなるため、脂質異常症を改善するときには悪玉コレステロールを効率よく下げる必要があります。
これだけでも大変頼りになることがわかりますが、リピトールの効果はこれだけではなく、HDLコレステロール、つまり善玉コレステロールを増やすという働きもしてくれます。
さらに中性脂肪も下げてくれるので、リピトールは健康的な生活を送るために大きな力を発揮してくれる医薬品であるといえるのです。