脂質異常症って? | リピトール・ジェネリックでコレステロールを下げて健康的な生活!

脂質異常症って?

カプセルが開いた様子

コレステロールを効率よく下げることによって脂質異常症を改善する効果があるリピトール・ジェネリック。
リピトール・ジェネリックは健康診断でコレステロールの数値が高くなりすぎてしまっている人にとって、とても頼りになる医薬品ですが、そもそも脂質異常症とはどのような病気なのでしょうか。
動脈硬化の原因にもなるといわれても、脂質異常症という病気について知らない状態では、いまいちぴんときませんよね。

脂質異常症というのは、血液中に含まれているコレステロールや中性脂肪といった脂質が、一定の基準よりも多くなってしまっている状態のことをいいます。
以前は高脂血症ともいわれていたのですが、現在は脂質異常症という呼び方をされています。
血液中に余分な脂質が増えてしまうと、血管から十分なしなやかさが失われてしまい、動脈硬化を引き起こしやすくなってしまいます。
すると、心筋梗塞や脳卒中といった、命に関わる病気になってしまうリスクが高くなってしまうのです。
よく健康について取り扱った本やテレビ番組で、血液がドロドロの状態という表現がされていますが、脂質異常症は血液がドロドロになってしまっている状態のことを指すのです。

脂質異常症には自覚症状がほとんどなく、それが原因となって気付くのが遅れてしまうことが多々あり、突然心筋梗塞の発作にみまわれることもあります。
健康診断で脂質異常症の疑いがあるといわれたときは、自分の命を守るためにも、すぐに診察を受けてリピトール・ジェネリックなどの医薬品を使って改善しましょう。